2008年05月30日

チュンのこと

今朝は恐怖の二度寝で大寝坊してしまった。
朝4時30分頃、ドリが起こしに来たから
「もう、まだ早いよーー」といい布団に潜ってしまったのだ。
気がついたら、もう7時である。
いつもなら散歩から戻ってくる時間、
あせりまくって、散歩に出かけたが、大幅な時間短縮に
ドリは不満タラタラである。
「なんだよ、なんだよ〜 まだ帰りたくないよ=3」
teikou.JPG

明日埋め合わせするからな!と言いながら我が家へ
引き連れ戻ると、屋根に片足が不自由っぽいスズメがいた。
思わずチュンか?チュンチュンと呼んだが、飛び立ってしまった。

あれは2年前の初夏、我が家の屋根から落っこちたらしいスズメの落ちビナを見つけた。
生まれて間もないハゲタカ雛である。
以後3週間、共に過ごし、大きくなって飛び立っていったのだが。。
その時のなつかしい思い出に・・・・
浸っている場合ではないのだ。とりあえず会社にいくのだーーー。

☆チュンの思い出☆
左足が止まり木に止まれず、心配で動物病院でみてもらったら
骨折はしてないという。
カルシウムが入っているものを与えるようにとアドバイスされた。
その日から、すり餌とミルワーム(ゲジゲジ虫みたいなもの)以外に
貝殻をすりつぶしたものも与え、日々成長していく姿に目を細めていた。
tyun1.jpg

tyun2.jpg

tyun6.jpg

肩にのるまで、なついてたチュンの旅立ちの日がやってきた。
まだ片足がうまく止まれないのが心配だったが
野生の動物は野生に帰すのが一番だから、
チュンの生命力を信じてデッキから、放してやった。
旅立つのを見守っていると、なんと戻ってきて肩に
止まってしまったのだ。
チュンは「可愛いすぎる」と涙ぐむ私の肩にフンをした。
それが又涙を誘った。
そして2度目に私の手から旅立って行ったのだ。

あー懐かしい!
チュンを手懐けてドリの頭に乗せ、散歩するのが夢だったが。
ドリはチュンを見ると「食ってやるーー!!」とばかりに
騒いでしょうがなかったので、その頃ドリ入室禁止の台所で育てていたのである。
tyun4.jpg

いつか恩返しにくるかな、チュン。


ラベル:スズメ
posted by つくし at 13:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

我が家の植物

今日はボクちんが、おうちの植物を紹介するのだ!
まず、ここに越してきた年の秋に植えたエゴノキだよ。
今朝は雨降り!雨に濡れたエゴノキもなかなかオツだねぇ♪
あとね、ヤマザクラも植えたんだ。きっと大きくなるよね
写真がないから、また今度紹介するね。
egonoki.jpg

ここは、母ちゃんがレンガをくんで作った花壇だよ!
バラが咲くのが楽しみだって言ってたけど
バラっておいしいのかな?
garden1.jpg
 
これは、スナップエンドウだって言ってた。
母ちゃんの友達が去年の冬に苗を植えてってくれたんだよ。
もう食べられるんだ、ボクも食べたよ。
すごく、おいしいから、母ちゃんが食べていると、
傍に行って涎をたらしてジッと我慢して待ってるんだよ。
sunakkumame.jpg

これはキュウリ。
ボクは夏になるとキュウリも食べるよ。
野菜も大好きなんだ。
早く大きくならないかなぁ♪
kyuuri.jpg

これはイチゴ。
ボクは子供の頃は食べてたけど、今は食べないよ。
エヘン!大人になったってことだよ。
バナナも子供の頃は好きだったんだけど
今は、食べないなあ。
どっちもグニャグニャしてて、どうも苦手なんだ。
itigo.jpg

まだまだ、あるけど今日はこの辺でね!


おいしいものには、めがないボクだよ。
母ちゃん、今日もゴチになりました!
はやく、バラが食べたいな〜♪
syokugo.jpg

posted by つくし at 13:55| Comment(2) | TrackBack(0) | ガーデン・野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

ゴールデントリオ

syu1.jpg

今年10歳になるシューちゃん。
シュークリームからとった名前と聞いている。
私は犬を飼うことを決めてから家探しをし(普通は逆である)
ドリが来ると、ほぼ同時にここでの暮らしが始まったのだ。

ゴールデンレトリバーという大型犬のシューちゃんを
見たとき、なんて可愛いんだろう、なんてお利口さんなんだろう
落ち着いていて穏やかで、とっても優しくて人懐こい
ドリも同じゴールデン。今はチンチクリンの顔をしてワサワサしているが
きっとこんな風に成長してくれるんだろう。。。
と、なんとなく思っていたが、、見事に裏切られた・・・。
まっ!同じ犬種でも性格はそれぞれということをドリは証明してくれている。
と思うことにした(とても前向きだと自分でも感心する)

シューちゃんのご家族にはドリ共々大変お世話になっている。
家の中で飼いたいと思っていた私の理想を実践していたご家族で、
なにかと学ぶところが多く、ご近所にいるのでとても頼りにしています。
これからも、お世話になります。シューちゃんよろしくね!
そして長生きしてくださいね。

syu-reo1.jpg
左:ドリと同い年のレオくん  右:カメラ目線のシューちゃん

写真左のレオくんもシューちゃん同様イングリッシュ系のゴールデンで
性格もとっても穏やかで素直。
レオくんの父上は散歩の時、いつも何かしら話しかけながら
時には歌をうたいながら歩いている。。らしい・・・
「いいこでちゅね〜」「あっち、行ってみまちゅか」とか
「どうしても、赤ちゃん言葉になってしまうんだよ、へへへ」と話していたが、
なんて答えていいかわからなく、思わず沈黙した、私の心情はバレてないだろう。
かわいらしい、おじさんである。

syu-reo-dori1.jpg
3ショットを撮りたいのに、ドリがレオくんにちょっかいを出す。
シューちゃんはこちらの意図をすぐ読み取って、ハイ、ポーズ!
この写真、それぞれの性格を見事に写しているみたい。
posted by つくし at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ドリの犬友 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

もしもし

ジュンちゃんから、よく電話が来る。
(ジュンちゃんというのは、私の姉である)
それで、最後に必ずドリを出して!と言う
「はぁ?」と思うが、姉でもあるし、逆らえないわけだ。
来るわけないと思いながら、とりあえず呼んでみる
「ドリ、ジュンちゃんから電話ー」
えっ!来るんかい?
えっ!出るんかい?
普通に出るドリ!おっどろきだい
denwa1.jpg

電話を外すと耳を近づけてくる。
denwa2.jpg

だまーって聴くだけ聴いている。
たまに尻尾も振ったりしてる

えーーー!!わかってるのか?

お前、ホントに犬か?
どっかにファスナーついてないか・・・

posted by つくし at 09:32| Comment(2) | TrackBack(0) | ドリのエピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

雨のち晴れ!

せっかくの日曜日なのに
朝から雨ー雨ー雨ー
ちっ! テンションさがるぜ
kappa.jpg
時間短縮の散歩を終え、
せっかくの日曜日ゆっくり、のんびり、
ダラダラしていたい飼い主。

「どこかに連れてけーーー!!」
容赦ない視線を感じるが無視!無視!無視!
turetette1.jpg
雨も上がり、デッキでゆっくりランチでもしましょうか♪
相変わらずドリの表情は暗い、見てみぬふりのドリだが
傍から離れない。
turetette2.jpg

しかたがないのう、じゃ行こうか
途端にこの顔「やったーワン」
car4.jpg

「今日はどこかな?あそこかな?」
ワクワク ランランラン♪♪♪
だから、、顔出すなっちゅうの!
car3.jpg

「わーい!ここ だーいすき」誰もいないよ
母ちゃん、ノーリードOKだね。
ヤマボウシ咲いてる、きれいだね。
yamabousi.jpg

あまりのうれしさに、顔が怖いです。
saku1.jpg

saku6.jpg

saku3.jpg

また、来るからよっと
saku2.jpg
この後、向こう側に倒れたドリ!
どこまでも、、どアホです。

posted by つくし at 14:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする