2010年03月31日

迷い犬

昨夜9時過ぎデッキ側から物音がして、出てみるとデッキの下で

キュンキュンと動物の鳴き声がした。

なかなか出てこなくて、ドリが大興奮し、デッキの下に入ろうとした所

鳴き声の主が出てきた。

獣だと思っていたら、なんと中型の犬だった。

さて、どうしようか?どこから来たんだ?

様子を見てると、人懐こくとっても元気でピンクの首輪を付け

何日も放浪したような様子は感じられないが、

ご近所の犬にしては見覚えがない。

一晩預かろうかと思って繋ぐとウォンウォン鳴き出し嫌がったので、

飼い主を探しに車に乗せて走った。

近所の犬でよく放していると聞いたことがある家に行ってみたが、違っていて

もしかしたら?と別の家を教えてもらった。

4件ほど訪ねたが、飼い主は見つからなかった。

犬はバカじゃねえから放せば戻るんじゃないか!と言われ、

家に戻って放してみても、帰る気配は一向になく、元気に走り回っている。

その様子を見ていたドリが大騒ぎし、夜も遅く近所迷惑になるので
RIMG0099.JPG

迷い犬を車で一泊させた。

翌朝、ドアを開けると助手席に丸まって寝ていた犬が

元気に飛び出して、ドリと朝の散歩に出たのだ。

途中までリードをつけていたが、明るくなって自分の家に戻るかも知れないと思い、

思いきってリードを放してみた。

放して迷い犬の後をついて行けば、見届けられるかなと思ったのだ。

ところが、そう簡単にはいかず、この後迷い犬は別の犬の後について

階段を上りどんどん先にいってしまう。

階段の下から、待っていろよーと声をかけると

立ち止まってこっちを確認し、「世話になったな、じゃ!」と行ってしまった。

無事、飼い主の所に戻ることを祈ってその場を後にしたのだ。

ずっと気になっていたが、夕方になり犬の飼い主が分かった。

我が家からすぐ近くで驚いたが、この家で犬を飼っていることは知らなかった。

家の中で飼っていて散歩の時間帯も違い、まったく出会う事がなかったのだ。

飼い主さんに状況を話し、最悪の事態を考え調べておいた各保健所の連絡先も渡した。

飼い主さんに入ってきた情報によると今朝私たちと別れた後、

小学生について学校に行って遊んでいたり、

その子の家に行ったりしていたらしいが、今現在は、わからない。と

RIMG0073.JPG

無事戻ってこいよ。

そしてまた遊ぼうぜ、ラム。


posted by つくし at 20:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

曲がりヒゲ

満月イブの今宵

まあるい月を眺めながら夜道を散歩。

RIMG0045.JPG


ボーッとしながら歩いていると、行く手に小さな黒い影が素早く動くのが見えた。

と思った瞬間リードがグイッと引っ張られ、前に転びそうになった。

おそらくネコだと思うが、ドリは臭いで分かってしまうのか?

いつも私より先に気付き、飛び出してしまうのだ。

せっかくの月夜ものんびり散歩できないじゃないか!

もっと飼い主をいたわっておくれよ!

「動くものは追いかける、これはサガなのだ」

超エラそうな態度のドリ。
RIMG0012 (0).JPG

おや?ドリ!

微妙に髭が曲がっているぞ。気付かなかったがいつからだろう?

良く見ると左側だけだ。

さてはここ何日も、かなり熱いヒーターダクトに顎を乗せていたので

熱で髭が変形したに違いないな。 
RIMG0028 (0).JPG


チョリチョリの曲がりヒゲ
RIMG0018 (0).JPG

益々変な犬になった(笑)
posted by つくし at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

観音寺川



用足しに猪苗代町まで行った。

まっすぐ帰るのもつまらないので

帰りに桜の名所、観音寺川を散策した。

Image744.jpg Image743.jpg


残雪に大喜びのドリ。                  ウンチング中だぞ、撮るなよ!

Image741.jpg Image740.jpg



満開になるとこんな感じ(2008年撮影)

のどかな風景でお花見のお気に入りスポットだ。
2008.5gatu 472.jpg
posted by つくし at 22:34| Comment(2) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

テンション低い朝

昨夜遅くドリをシッコに連れ出すと

雨が霙に変わっていた。

そして、今朝起き窓から外をのぞくと、雪景色になっていた。

「う〜、今日は散歩いやだな」

春の雪はビチョビチョでテンションが上がらないが、

散歩に行かないわけにはいかない。

渋々と寝ぼけ眼で出てきた。

チラチラと雨がパラついていたが、大したことないだろうと踏んで

傘をもたずに出てきた。

ドリは?というと・・・
RIMG0001.JPG

やけに楽しそうじゃないか。

シッポが珍しくレオくんの様にアップして左右に舞っているではないか!

ルルルンルンルン♪  ルルルンルンルン♪

そうか、そうか、嬉しいのか。

こんな日でも散歩に出てきた甲斐があるってもんだ。
RIMG0003.JPG


ザクザクの雪と梅
RIMG0011.JPG

RIMG0013.JPG

ドリのシッポが上がっていたのも散歩始めだけ、

ドリにもシャーベット状の雪と冷たい雨は

テンションが上がらないらしい。

たいしたことないだろうと思っていた雨は、

たいしたこと大有りで、我が家に戻った時は

私もドリもびしょ濡れで貧乏くさくなっていた。

「ハハハハ」と笑ったら哀しくなったので、

さっさと着替えて、ヌクヌクとコタツで温まった一人と一匹。

 RIMG0020.JPG


なかなか咲けない我が家の水仙

RIMG0024.JPG
posted by つくし at 22:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

ビビリ犬


久しぶりのダム湖は、水位が上がり階段の上まで水がきていた


RIMG0211.JPG


ダム湖に入って行こうとしているドリに、

思いっきり泳いできていいよと声をかけた。

が・・・

そんなこと言うなよ〜、深すぎるべぇーと言わんばかりの顔で
RIMG0224.JPG



際でパシャパシャ!

  ・・・・・・・・・。
RIMG0207.JPG

図体は大きいけど、ノミの心臓なんだよなあ〜。

かっちょわりー!!
posted by つくし at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする