2017年06月14日

九州への大冒険の旅 麦秋

いよいよ九州へ。

ここはアベサンの実家がある大分県宇佐市。

瀬戸内海の周防灘に面していて宇佐平野が広がり、

長閑な田園風景が続いている。

丁度、麦秋の季節で夕日に輝き黄金色に染まる麦畑を見ることが出来た。

刈り取った後は二毛作で、すぐに耕され水を入れて田んぼになるそうだ。

一面、黄金色に輝く麦畑
DSCF9444.JPG

DSCF9405.JPG

DSCF9442.JPG

麦畑の中を散歩する。
DSCF9580.JPG

アベサンの実家に4泊する。

心配していたドリもまったく問題なくリラックス状態で

庭の芝生にスリスリしたり、犬専用に使わせてもらった部屋でもおとなしくしていた。

日中、犬たちを留守番させて出かけることも出来るなんて、思いもしなかったが。

本当にドリはこの旅でどこか大人になったような、とても利口になったような気がするのだ。

津久見市にはイルカを調教しているところを見学することが出来、

赤ちゃんイルカに母イルカが泳ぎを教えているシーンもみられた。

イルカにはずーっと飽かずに見ていられる魅力があるのだ。

DSCF9460.JPG

DSCF9493.JPG

国東半島にある真玉海岸の夕日は日本三大夕日にも挙げられているらしい。

たまたま行った日がいろんな条件がそろった日だったらしく

ポスターになるような素晴らしい光景がみられて、ラッキーだった。

DSCF9441.JPG

翌日は杵築市という武家屋敷の町と、なかなか行けず仕舞いだった

宇佐神宮に連れて行ってもらった。

DSCF9535.JPG

宇佐神宮は境内が広く大きく大変立派なのだ。

全国八幡神社の総本山ということだが、私が今まで見た神社とは別格で

とても豪華で荘厳な雰囲気が漂っていた。一之御殿、二之御殿、三之御殿と

あり、一の天皇と三の皇后の間にある二が比売大神とされている。

これが卑弥呼ではないかという謎が今でも残されていると教えてもらった。
DSCF9559.JPG


posted by つくし at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック