2017年06月17日

ドリの手術


ドリの肛門とお尻の出来物が大きくなっていたので、旅行に出る前に

動物病院で診てもらったら、肛門に出来る出来物は良くないので早く

切除したほうがいいと言われ、その次いでにお尻の出来物も取って

しまいましょうと言われた。旅行に出ることを伝えると、それなら旅行が

終わってから切除しますのでと手術日を決められていた。

旅行から戻って四日目が手術日だ。

朝9時に預けて夕方5時に迎えに行くと、痛いのか、冴えない顔で出てきた。

手術はうまくいき、肛門3針、お尻13針縫われていて、痛々しかったが

おできも良性のもので心配ないし、血液検査での健康診断もすべて範囲内で

問題なしの値が出て先生もびっくりの健康優良犬との診断でした。

家に戻り夕飯をあげたが、いつもと様子が違い、食いつきが悪く もういりませんと

フードを残した、それではと大好きなキュウリをあげたが食べない。

これには、飼い主の私が驚いた。どんなことがあろうと食べ物を食べないということが

過去になかったドリ、、、怖い怖いカミナリの最中だっておやつはしっかり食べていたし。


こんなこと初めてではないだろうか。

でも健康優良犬とお墨付きを頂いたので、心配はしていない。

あとは良くなるだけだから。

DSCF9697.JPG

綿をパンパンに入れて縫ったヌイグルミみたいだ。

下は旅行中。尻にこぶがありました。
DSCF9243.JPG


ケツが痛いです。
DSCF9692.JPG


うわあ〜、半ケツ出してどうしたドリ
DSCF9699.JPG


痛みに耐えるドリ爺さん。
DSCF9705.JPG

がんばれ〜!!





posted by つくし at 14:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お楽しみの後にこんな試練が待ってたなんて…
無事終わって何よりですが、大きな傷跡にびっくりです。
痛みもあるでしょうけど場所がドリのプライドを…
でも舐めたり出来ないから良いと言えば良いのかな。
ドリ、お大事にね。
Posted by etuko at 2017年06月19日 11:27
etukoさん

数針分を残し抜糸完了致しました。
良性だったので本当によかったです。
あとは毛が生えるのを待つだけです。
Posted by つくし at 2017年06月20日 13:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック