2017年09月13日

ほのぼの

ドリの血便が一向に良くならないので、思い切って

別の動物病院にも診てもらった。検査後、血便の原因は寄生虫のせいで

毛が抜けるのは甲状腺機能低下のためとの診断だった。前の病院では原因が分からず

行く度に薬を変え試していた状態だったが、今回はっきりとした原因を突き止めてもらって、ホッとした。

駆虫薬を飲ませると血便も下痢もぴたっと収まった。

後は抜けた毛が生えてきてくれると嬉しい。

甲状腺機能低下は薬を飲み続けなければならないらしい。

薬に代わるものはないのかな。しばらくは病院通いが続きそうだ。


今日は日中の気温も上がり、犬たちは庭で気持ちよさそうに

爆睡している。



草に埋もれて眠るドリと

舌を出し目が笑っているトト

DSCF9962.JPG



DSCF9965.JPG

ほのぼのしてくる。
posted by つくし at 17:28| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

プチトマトとデカ犬

DSCF9921.JPG

DSCF9927.JPG

DSCF9934.JPG

DSCF9935.JPG

下痢が止まって元気になってきたドリ

プチトマト頂戴!!
posted by つくし at 13:03| Comment(1) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

大スキなのに

野菜も大好きだが、果物はもっと好き!

これドリの話です。

2か月前くらいから、アレルギー皮膚炎になり、

お腹も壊しているドリ君、病院通いが続いています。

早く良くならないと大好きな果物の季節が終わっちゃうよ。



この季節、桃に梨とおいしい果物がでてくる。

ぼくちん、大好きアピールで近寄ってみる。

DSCF9883.JPG


あー、 な、なし おなか壊してても食べたい・・

DSCF9884.JPG


えー、 それどこに持って行っちゃうの〜  ぼくにも・・・

DSCF9886.JPG


あ〜  食べられちゃった。

DSCF9887.JPG


・・・・・・・。

DSCF9889.JPG
    
    食べられないって  

               ・・・・・淋しい。

posted by つくし at 13:18| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

自家野菜


今年は我が家の畑で採れた野菜が好成績で困るほどだ。

まず春先に撒いたジャガイモ、男爵とメークィーンは

ジャンボサイズにも関わらず中に芯もなく、とても美味しい。

DSCF9859.JPG

まずは蒸かしてバターと醤油をひとたらし。うめぇ〜、うめぇ〜と

ヤギのように鳴きながら食べる。

それと、私は今までやったことがないのだが、アベさんが度々作る

ポテトチップス。これまた旨いのでメークイーンで初挑戦してみた。

DSCF9858.JPG

塩少々と黒コショウで。揚げたては、何にも勝る美味しさなのだ。


キュウリも苗を3本しか植えてないのに毎日10本くらいづつ採れ

消費に苦労する。一気に本数を使って日持ちするものをと考えて

きゅうりのきゅーちゃん漬けを作る。

DSCF9862.JPG

ごはんのおかずというよりは、薄味でお茶請けにいい感じに仕上がった。

今年はもう4.5回作っている。

グリーンカーテンで植えたゴーヤも食卓に並ぶ。

ジャガイモとシシトウとゴーヤの炒め物

DSCF9861.JPG
ひき肉以外はすべて我が家で採れた野菜だ。


トマトや春菊、小松菜、青梗菜、ネギも出来がよい。

これから育つ白菜や大根も順調に育っている。

ナスは全く育たず一本も口に入らないが、ご近所さんからいただいて

野菜は買うことがない。

薬味で役に立つ大葉も大量にできて、大葉みそを作ってみた。
DSCF9909.JPG
この夏の食卓は自家野菜の惣菜でにぎやかだ。




ドリさんトトさんは、少々老いてきて、散歩もゆっくりペース

DSCF9875.JPG

DSCF9876.JPG

DSCF9869.JPG

2匹仲良くメール受信中!!
DSCF9871.JPG




続きを読む
posted by つくし at 10:23| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

開脚犬

近頃トトの開脚がものすごい。

前足がドンドン広がって座り込んでしまう。

踏ん張りがきかなくなってきたみたいなのだ。

歳を取ったトトは幼顔になって口元は白く

まるでのろくろみたいだ。

DSCF9818.JPG

ビヨヨ〜ン
DSCF9830.JPG

DSCF9831.JPG

DSCF9852.JPG

















posted by つくし at 16:39| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

ニイニイゼミと犬達

庭のフリーシアの木から、二ィ―二ィ―ニィニィーと元気な蝉の声が聞こえる。

2匹くらいいそうな音量だ。

DSCF9809.JPG

よく見るとフリーシアの下にある花に抜け殻があった。

どうやら、我が家のフリーシアの木の根元の土から生れ出たらしい。

DSCF9795.JPG

DSCF9794.JPG

子供の頃は夏休みに蝉が抜け出る瞬間を見るために眠い目をこすって

早起きし山へでかけたものだ。




入り口側ではニイニイゼミが、ニーィーニーィニィと元気よく

南西のベランダ側では、トトがドリを連れてきてウォンウォン

ドリはガラスをガリガリ、ドンドン。

中に入れろの催促が始まるのだ。

DSCF9784.JPG


posted by つくし at 14:22| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

軟弱もの


DSCF9757.JPG

DSCF9750.JPG

ここ2.3日 日中の気温がぐーんと上がり30度越えの真夏日が続き

犬達も何とかクーラーの効いている店の中に入ろうとする。

午後1時過ぎくらいから、トトが何度もテラスから入れろと訴えてくる。

まだ早い、もうちょっと外に居なさいと入れないでいると

助っ人を呼ぶ。テラスを見るとトトとドリと2匹並んでこっちを見ている。

トトがウォンウォンと鳴きだし、ドリはガリガリと窓ガラスを叩く。

DSCF9745.JPG

入れてくれないなら、こっちにも考えがあるとドリを呼びに行く
DSCF9751.JPG


2匹揃って顔を出す。
DSCF9752.JPG

結局 こうなりました。
DSCF9754.JPG

DSCF9759.JPG

DSCF9756.JPG
看板犬も飼い主も軟弱です。
posted by つくし at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

ドっさん、トトさん


庭の植物も葉っぱを大きくし緑が濃くなってきている。

そんな中フリーシアの黄緑色が庭をさわやかにしてくれる。

DSCF9690.JPG

DSCF9679.JPG

昨日で手術後2週間経っているので抜糸しに動物病院へいく。

肛門の3針とお尻の13針の抜糸は、かさぶたが出来ている部分だけ

数針残し抜いてもらった。また一週間後に残した糸を抜いてもらうことになる。



肛門はこそばゆくて、座ろうとすると、強く尻尾をにぎられ上に持ち上げられ

たまらなかったよ。でもこれで思い切ってウンコできるぞ!
DSCF9707.JPG

トトが換毛期になり、毎日ブラッシングしていても、まだまだ

抜けきらないので、今朝はシャンプーしてさっぱりしました。

DSCF9710.JPG

ドリのシャンプーはまだ病院から止められているので、お預けです。

DSCF9711.JPG

トトは近頃、あれ?ボケが入ってるかな?と思わせる行動を

して、楽しませてくれる。ボケてもいいからまだまだ元気でいてほしい。
DSCF9722.JPG

DSCF9712.JPG

DSCF9719.JPG

時々、舌をしまい忘れて寝るトト。
DSCF9703.JPG
続きを読む
posted by つくし at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

ドリの手術


ドリの肛門とお尻の出来物が大きくなっていたので、旅行に出る前に

動物病院で診てもらったら、肛門に出来る出来物は良くないので早く

切除したほうがいいと言われ、その次いでにお尻の出来物も取って

しまいましょうと言われた。旅行に出ることを伝えると、それなら旅行が

終わってから切除しますのでと手術日を決められていた。

旅行から戻って四日目が手術日だ。

朝9時に預けて夕方5時に迎えに行くと、痛いのか、冴えない顔で出てきた。

手術はうまくいき、肛門3針、お尻13針縫われていて、痛々しかったが

おできも良性のもので心配ないし、血液検査での健康診断もすべて範囲内で

問題なしの値が出て先生もびっくりの健康優良犬との診断でした。

家に戻り夕飯をあげたが、いつもと様子が違い、食いつきが悪く もういりませんと

フードを残した、それではと大好きなキュウリをあげたが食べない。

これには、飼い主の私が驚いた。どんなことがあろうと食べ物を食べないということが

過去になかったドリ、、、怖い怖いカミナリの最中だっておやつはしっかり食べていたし。


こんなこと初めてではないだろうか。

でも健康優良犬とお墨付きを頂いたので、心配はしていない。

あとは良くなるだけだから。

DSCF9697.JPG

綿をパンパンに入れて縫ったヌイグルミみたいだ。

下は旅行中。尻にこぶがありました。
DSCF9243.JPG


ケツが痛いです。
DSCF9692.JPG


うわあ〜、半ケツ出してどうしたドリ
DSCF9699.JPG


痛みに耐えるドリ爺さん。
DSCF9705.JPG

がんばれ〜!!





posted by つくし at 14:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

九州への大冒険の旅 最終日


最後の宿泊は岐阜郡上の和良川沿いのオートキャンプ場があったのでここにする。

昨夜は広島県府中にあるオートキャンプ場に泊まったが、テントを作って

夕ご飯を食べ温泉にでも行こうかと思っていたら、初心者マークをつけた

地元の若者が運転してキャンプ場まで入ってきた。

バックして戻ろうとしたのか、側溝に片側前後のタイヤ両方を落として

動けなくなってしまっていた。

若者はショックで口数少なくただボーゼンと立ち尽くすだけだった。

何とかして上がらないかと板や石を見つけてきて試みてみたが駄目で

結局JAFを呼んで待つことにした。若者はJAFに入っていないので、

のりかかった舟とばかりに、アベサンが全部やってあげていた。

私はテントに戻り、河童の三平を読んで待機していた。

ということで、話は長くなったが、温泉に行けなかったので

今夜はキャンプ場のおっちゃんから割引き券をもらった飛騨金山温泉

に行ってみた。いよいよ明日、途中郡上八幡に立ち寄って福島まで一気に

帰る予定なので、今夜は温泉でさっぱりしたかったのだ。

DSCF9642.JPG

トトはもちろんドリもキャンプ生活にすっかり慣れて

車での移動中も疲れないよう上手に過ごすことを覚えたみたいだ。

DSCF9649-001.JPG

翌朝、郡上八幡へ。

20代前半若かりし頃、一度だけ一晩中踊り明かしたことが

あるのだが、泊まった場所や、歩き回った場所が全く覚えてなくて

ただ、家々の前には必ず水が流れていて、それを上手に生活に

利用していたのを感心したことはよく覚えている。町中どこを

歩いても水の流れる音が聞こえ気持ちのいい町なのだ。

DSCF9657.JPG

今回はちょっとだけ立ち寄っただけなので、吉田川を軽く歩いて

帰ってきた。
DSCF9661.JPG

DSCF9662.JPG


10泊11日の旅 おつかれさん。

犬と一緒に知らない場所へ旅行をすると、犬は人の行動をよく見ていて

我儘を言わなくなるしとても利口になる。ということが実感できた

旅でした。トトもドリも行く前より生き生きして若くなってもどりました。

すごく楽しかったワンワン

DSCF9672.JPG
posted by つくし at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする