2017年12月31日

大晦日

いよいよ今年も今日でおしまい。

なんてったって今年はドリがいきなり倒れ瀕死の状態になってしまった事が

重大ニュースになった。

そのあとドリのがんばりで奇跡的に復活し年越しを一緒に過ごせることに、

大変感謝感激している。


この頃は、食欲が異常なほどあり、出す量も半端なく異常に多い。

それでも、お腹周りは、ぺったんこで、すぐにガリガリになってしまう。

一日何度も食事を摂るが、なかなか太れないのだ。

気を抜くと、すぐに低血糖からくるのか知らないが、ガタガタと震えだし

動けなくなってしまう。でも食べられるから大丈夫!!

食べてくれさえすれば、何とかなると思っている。

今朝は散歩中に爪を折り出血して戻ってきたドリ。ティッシュで巻いて

靴下を履かせた。出血が収まるまでそうしてなさい。

靴下を嫌がるでもなく、されるままでなんだか可愛らしい。

DSCF0502.JPG

トトと鼻を突き合わせ、会話してるようだ。

DSCF0508.JPG

DSCF0516.JPG

松と笹を山へ行って採って来、手作りのお正月飾りを作る。

玄関内に。
DSCF0521.JPG

玄関外に。
DSCF0522.JPG

外に。
DSCF0523.JPG

今年も楽しく良い年となりました。

来年もよろしくお願いいたします。
posted by つくし at 15:43| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

仲が良い

果物に目がないドリだが、具合の悪い時は大好物のリンゴも

受け付けなかった。

そのリンゴを欲しそうに見ていたのであげたらパクっと食べた。

味覚が戻ったのか、またパクパクと食べた。

やっとドリらしくなってきて、ひと安心なのだ。

昨日、今日とフードや缶詰と何でも当たり前に食べるようになって

ガリガリのお腹が少しだけ膨らんで見える。


DSCF0481.JPG


ドリがおいしそうに食べるとリンゴなんて食べなかったトトも

食べたくなる。
DSCF0475.JPG

トトの背中に顎を乗せて寝るドリ  重い〜
DSCF0487.JPG

くっつき犬
DSCF0488.JPG

ドリはトトがいると安心するようだ。
DSCF0499.JPG

熟睡中
DSCF0494.JPG
posted by つくし at 21:00| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

19日目

5日の夕方ドリが倒れてから今日で19日目

食欲が少し出てきたドリ、寝てばかりだと益々歩けなくなってしまうので

今朝はみんなで長い散歩に出た。

散歩中よく会っていた近所のおじいさんの家の前を通ると丁度外に出ていて

久しぶりの再会。2匹とも尻尾フリフリ撫でてもらいにいく。

「おー、おー、久しぶりだな〜」  尻尾フリフリ
    
「元気になってよかったな〜」   尻尾フリフリ

ドリがキュウリ好きと知ると会うたびキュウリをくれていたのだ。

「キュウリ食べるか?」  

「今は食べないですけど元気になったらまたいただきます」

DSCF0439.JPG

さあ、今日は歩くぞう〜と、よろけながらも しっかり歩く姿をパチリ。
DSCF0446.JPG

「ドリ、しっかり歩けよ〜」とよろけるトト
DSCF0447.JPG

「クンクン、これは奴のにおいだな」
DSCF0450.JPG

いつも歩いていた3キロコースを歩き切り、おしっこ数回と

うんちを4回した。そんなに食べていないのに、食べたものは身にならず

全部排泄されてしまうのか?

栄養の高いものを食べてもガリガリの体は中々太ってはくれないのだ。




ありったけの体力を使い切ったのか散歩から戻ると、

すぐに部屋に入り座布団を抱えて横になってしまった。

しばらく震えが続き、歩きすぎたかなと反省する。

慌てて甘い飲みものや薬を口に運び体を温めてやる。

しばらくすると落ち着きを取り戻してきた。

DSCF0454.JPG



生の鹿肉を煮たものと、フードを少しと今一番食いつきのいい

ゴン太の角切りチーズを食べ落ち着いた後またパチリ。

DSCF0458.JPG

何でも食べていたあのドリが、日によって食べるものが違ったりする。

この頃は缶詰を、食べなくてすぐにプイッと横を向いて拒否をするのだ。

ようわからん。
posted by つくし at 14:50| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

一日一日

5月で会社が閉鎖になり、半年間のプー太郎生活も昨日で終わり

今日は新しい会社への初出社となった。

朝、会社に行く前にドリが震えていたので心配だったが

ここは、アベさんにお願いして会社へ向かった。

昼休みに電話をすると、ドリは震えもなく寝ているらしいと聞き

ホッとする。

ドリが危篤状態のときに傍にいることが出来たことに改めて感謝、

そして、ドリがまだ生きていることにも。

高齢犬2匹、いつどうなっても、おかしくない年齢になっている。

一日一日大切にしなければ、と強く思う。

DSCF0437.JPG

   ブヒ!
続きを読む
posted by つくし at 20:06| Comment(2) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

ドリだから

ドリの容態は良くなったり、悪くなったりを繰り返していたが、

昨日、今日のドリの様子をみてると危機を脱出したように感じられる。

まだまだ予断は許せないが、少しだけホッとしているというか気が抜けた感じだ。

重体から乗り越えたドリの顔はいくらかほっそりして、メス犬みたいで

かわいらしい。

DSCF0431.JPG

今朝、トトが散歩にいく準備をしてると、

いつもならそのまま寝てるドリが起きて散歩に行こうとする。

まだ体がしっかりしてないので、ヨロヨロしてはいるが

しっかり匂いを嗅ぎマーキングをし自力で散歩しているのだ。

ドリが倒れて10日目になるが、普段と変わらない散歩が

出来るなんて、ほんとに信じられない。夢のようなのだ。

ドリだから起きた奇跡なのだ。

10日間、緊張の連続、些細なことで一喜一憂し、ドリを見守ってきた。

この調子で一緒に年越しもしようね。



posted by つくし at 13:31| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする