2017年06月08日

九州への大冒険の旅 滋賀→京都→鳥取・島根

本栖湖から精進湖経由長野に入り岐阜を通り滋賀の琵琶湖に到着。

日本一大きな湖、私もドリも初めてだ。

今日は琵琶湖の北側にあるオートキャンプ場に泊まることにする。

本栖湖での一夜は慣れないからかよく眠れなかったので

今夜は琵琶湖の波の音を聴きながらゆっくり寝ることにしよう。

DSCF9214.JPG

DSCF9217.JPG

DSCF9225.JPG

翌日は日本海へと北上し福井、京都、兵庫、最後に鳥取と移動する。

福井では道の駅に立ち寄り、昼ごはんに焼き鯖寿しを食べた。

おいしくて、おいしくて、困るほど美味しかった。

京都では、天橋立を見物するため、笠松公園という天橋立を一望できる場所まで

歩く。急な階段が続くが、なんとドリが先頭になって黙々と上っていく。

DSCF9243.JPG

てっぺんまで一気に上り、天橋立を眺めた。

股覗きで見て見たが、今ひとつ、天空に架かった橋のようには見えなかった。

もっと元気があれば橋立の中を歩きたかったがドリもトトも私もヘトヘトなので

今回は見るだけ〜。

DSCF9244.JPG

京都の次は兵庫を経由し鳥取砂丘へ。

近くにオートキャンプ場がないので、砂丘の近くの駐車場で一泊することとする。

近くの温泉を調べると岩美温泉があったので、いってみた。

鄙びた温泉街でお湯も熱く疲れもとれ私好みの温泉でした。

翌朝一番に鳥取砂丘に向かうと、誰もいない、

アベさん御一行の貸し切りだった。
DSCF9264.JPG

DSCF9268.JPG

DSCF9272.JPG

ここから島根、安来にある足立美術館へ。

テレビで紹介されていたのを見て、機会があったら行ってみたいと

思っていた所だったが、犬達を車に置いて行くしかなく、

入場しても頭にはドリとトトのことがはなれず、ゆっくり観るどころか

広い迷路のような館内を駆け足で通り過ぎて来ただけになってしまった。

半日くらいかけて観てもいい程の美術館なのに、勿体無いことをした。

続いては、鳥取境港に向かう。


続きを読む
posted by つくし at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

九州への大冒険の旅 富士山

5月22日〜6月1日まで
10泊11日の犬連れ旅行をしてきた。
足腰が弱くなってきている2匹を連れての長旅は無理かなあと思っていた。
旅慣れしているトトはまだしも、ドリを九州まで車で連れて行くことは
初めから無理と決めつけていたのだ。
途中何泊もしながら犬たちの様子を見ながら
無理なら途中で戻ることも視野に入れ思い切って出発することにした。

いろんな意味で大冒険の旅が始まった。



犬仕様にした後部座席に犬たちを乗せ、さあ、出発だ!!

DSCF9086.JPG

まず日本一の山を観るため山梨の本栖湖に到着。
透明度が高く富士山が湖に映る美しい風景は千円札の裏に
印刷されるほどだ。
あいにく雲が邪魔をして富士山がみえない。
DSCF9175.JPG
と思っていたら、とんでもない上のほうに富士山のてっぺんがみえていた。

DSCF9195.JPG

DSCF9203.JPG

本栖湖のオートキャンプ場で一晩過ごすことにする。
車には私とドリ組、テントにはアベ・トト組と2組に分かれて
寝た。
DSCF9141.JPG

今食べ終えたばかりの犬たちが、私たちの食事中、
食べたいオーラを出して来る。
DSCF9170.JPG

夜になると冷え込んできた。
直火OKなので、木々を集めてたき火をして暖をとった。
火は見飽きない。
DSCF9163.JPG

翌朝 本栖湖を後にし、精進湖側から次の目的地へ向かう途中
雄大な富士山の全貌がみえた。ありがたや〜。
DSCF9207.JPG

posted by つくし at 22:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

テンション高低

毎年恒例のドリガリータの季節がやってきた。

高齢なので例年より長めにとお願いし、迎えに行くと

なんちゃってラブラドールに変身していた。

DSCF8991.JPG

毛がなくなると頭と手足が益々大きくなりバランスが悪い。

毛刈りを終えた羊みたいだ。

でも触り心地はベルベットみたいですごく気持ちがいい。

それと、シャンプーの香りなのか、あまーく良い香りがしてて

ドリじゃないみたいだ。
DSCF8977.JPG

いつものドリ臭じゃないからか、

トトのテンションが高くなった。

ドリの匂いを嗅ぎまくっての確認がものすごい!!
DSCF8979.JPG

そんなトトの様子を無視し続けるドリ
DSCF8981.JPG
「ホットケー」
DSCF8982.JPG

トトさん、今度は前から「なんだか、いい匂いだな〜」。

尻尾フリフリ近づき、ドリの変身に興味津々の様子。
DSCF8986.JPG


ドっちゃん テンション 低っ!!
DSCF8987.JPG




posted by つくし at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

12歳になりました。


5月2日で12歳を迎えたドリ。

ドリを飼うと決めて慌てて探した家も今はカフェになり

私とドリ 1:1 だった暮らしが6年

アベさんとトトがきて 2:2 になって6年

家族が増えることはドリにとってもうれしいことなのだろう。

散歩の時も群れでの行動を意識しているのか、割と言うことを聞いてくれる。

DSCF8947.JPG


ドリと一緒に暮らすようになって約6年のトト

初めはケンカばかりで仲良くなれそうにないと思っていたが

心配ご無用!!今では2匹くっついて寝てるほどホントに仲が良い。

トトは年々歳を重ねるごとに子犬のような顔つきになってきている。

これで今年の7月で16歳なのだ。

DSCF8937.JPG

DSCF8943.JPG


ドリも笑っている。
DSCF8948.JPG

posted by つくし at 17:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

ヤマブキの季節


桜の花も散り、木々には若葉が出て地味だった山が萌黄色に染まってきた。

散歩してて、今一番目につくのが幾重にも重なり咲いているヤマブキの花だ。

DSCF8918.JPG

DSCF8915.JPG


県鳥である夏鳥のキビタキを発見。鮮やかな黄色い鳥に興奮する。
DSCF8899.JPG

杉の木の裏に回りジ―ッとしているリス
DSCF8897.JPG

犬たちは鳥やリスに興味を示すこともなく、トトは地面の匂いを嗅いで

マーキングに忙しく、食べることしか考えていないドリは、散歩中も

食べ物を探している。草を食べたり、乾いた泥土を食べたり

と、とんでもないものまで、なんでも食べてしまうのだ。


食後のドリ
DSCF8877.JPG

朝ごはんを食べ終えたドリは

早速晩ごはんのことを考えているのかもしれない。
posted by つくし at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

お花見BBQ

お隣の空き地の桜や紫木蓮が満開だ。

今日はテラスでお花見しながらバーベキューだ。

ホルモン、エリンギ、豚バラ、アスパラ、

〆は焼きおにぎり。豪華なものは何一つないのだが

七輪で焼いてたれにつけて食べると本当においしい。

(たれは、アベさん特製でガーリックパウダーと塩と白コショウを
混ぜたものに、カボスやレモンをいれたもの)

特にエリンギのウマさったらない。

貝のような食感で、手で裂きながら食べるとたまらない。

DSCF8853.JPG


DSCF8857-001.JPG

おこぼれをジッと待つドリ
DSCF8851.JPG
posted by つくし at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

トイモード

カメラの設定をトイモードに切り替えて散歩の写真を撮って

楽しんでいる。

手前と奥をボケさせるだけなのにミニチュアのような作り物風に撮れるのだ。

実際より色合いが濃く少々幻想的で昭和な雰囲気が漂う感じが面白いなあと思う。


DSCF8821.JPG

DSCF8822.JPG

DSCF8831.JPG

DSCF8850.JPG

DSCF8826.JPG


今度は、普通モードにしてドリトトの表情を撮る

DSCF8799.JPG
でへへへ

DSCF8801.JPG
ぽかぽか〜
posted by つくし at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

春らしくなってきた庭

春の訪れを知らせる球根たちが花開き
我が家の庭が少しだけ春らしくなってきた。

DSCF8712-001.JPG

DSCF8711.JPG

DSCF8710.JPG


「シラーシビリカ」
一面、青色にしたくて80個くらい球根を植え、この春を
楽しみにしていたのだ。
DSCF8700-001.JPG

こちらは毎年咲いてくれる金平糖みたいなかわいい「プシュキア」
DSCF8701.JPG

窓から顔を出していたドリも春を感じているのかな。
DSCF8704-001.JPG
posted by つくし at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

2017.4.1

DSCF8664.JPG
posted by つくし at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

2017.3.31

DSCF8669.JPG

DSCF8670.JPG

DSCF8672.JPG
posted by つくし at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする